大切にしていること

大切な3つのこと方針イメージ

1.丁寧なカウンセリングと明確な治療計画

あなたのお困りごとや望みをお聞きし丁寧にカウンセリングさせていただきます。
しっかりと納得してから治療を受けていただけるよう、痛みの原因や症状に沿った治療計画について、わかりやすいご説明をいたします。お口のお悩みや、治療に関しての疑問点やご不明点などがございましたら、お気軽にご相談ください。
その他にも、「歯医者が怖い」「痛くないか心配」といった不安に思っていることでも、
スタッフが優しく丁寧にお応えしますので、どんなことでも遠慮なくおっしゃってください。
まずは今あなたがお困りの事を教えてください。そしてこうなったらいいなという望みを聞かせてください。

2.できるだけ痛くない治療

患者さまにリラックスして治療を受けていただくことを一番に考え、充実した設備と器具を使用して、できる限り痛みの少ない治療に取り組んでいます。
歯医者が苦手な方でも安心して治療に臨んでいただけるために、痛みを軽減することにこだわり、患者さまの不快感や恐怖感などの負担をなるべく減らした、快適な治療を行ってまいります。
痛くない治療を目指すための最新の医療機器
表面麻酔
痛みを緩和するために使用する麻酔ですが、その麻酔で痛みを感じる方も多くおられます。そのため、まずは麻酔を刺す時になるべく痛みを感じないように、針を刺す部分に表面麻酔を行い表面の粘膜を麻痺させます。
極細の針
通常使用されている針は太く痛みを感じやすいです。針が細ければ細いほど痛みは小さくなるので、痛みを抑えるために極細の注射針を使用することで、感じる痛みを和らげます。
電動麻酔注射
麻酔液を急激に注入することも痛みの原因になります。電動麻酔注射は振動により、微量の麻酔液を少しずつ一定の速さで制御しながら注入しますので麻酔による痛みをほどんど抑えることが可能です。

3.大切な歯をなるべく削らない・抜かない治療

歯は一度失ってしまうと、二度と元に戻ることはありません。そのため、当院ではなるべく歯を削らない、神経を抜かない治療を心がけ、歯へのダメージを最小限に抑えて、大切な歯をできるだけ残せるように処置を行っています。
ただ治すだけでなく、患者さまがご自身の歯で生涯過ごすためのお手伝いをしています。
できるだけ削らない「MI治療」
高倍率拡大鏡
高倍率のルーペを活用し治療部分の細部まで見やすくすることで、肉眼では認識が不可能な部分の虫歯を発見できかつ虫歯の部分と正常な部分の区別が可能になるため無駄に削ることがなくより精度の高い正確な治療を行うことができます。
齲蝕検知液
齲蝕検知液とは、虫歯に感染している部分のみを赤く染める薬剤のことです。この方法と拡大鏡の併用によりより正確に虫歯の位置がわかるので、歯を削る量を最小限に抑えることが可能になります。
MI用バー
できるだけ歯を削らないことを意味する「MI」治療専用のバーを使用し、虫歯になっている箇所だけを削り、健全な部分はしっかりと残します。それにより以前は大掛かりな治療になってしまったケースでも最小限の治療で済ませることが可能となります。